野生の思考 クロード・レヴィ=ストロース

買取上限価格 1,500円

定価5,280円
著者クロード・レヴィ=ストロース
出版社みすず書房
出版年月1976年3月
ISBNコード9784622019725

※買取上限価格は、価格の目安としてご参照ください。
実際の査定では商品の状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この商品について

野生の思考La Pensee sauvageは、1960年代に始まったいわゆる構造主義ブームの発火点となり、フランスにおける戦後思想史最大の転換をひきおこした著作である。

Sauvage(野蛮人)は、西欧文化の偏見の凝集ともいえる用語である。しかし植物に使えば「野生の」という意味になり、悪条件に屈せぬたくましさを暗示する。
著者は、人類学のデータの広い渉猟とその科学的検討をつうじて未開人観にコペルニクス的転換を与えsauvageの両義性を利用してそれを表現する。

野生の思考とは未開野蛮の思考ではない。
野生状態の思考は古今遠近を問わずすべての人間の精神のうちに花咲いている。文字のない社会、機械を用いぬ社会のうちにとくに、その実例を豊かに見出すことができる。しかしそれはいわゆる文明社会にも見出され、とりわけ日常思考の分野に重要な役割を果たす。

野生の思考には無秩序も混乱もないのである。
しばしば人を驚嘆させるほどの微細さ・精密さをもった観察に始まって、それが分析・区別・分類・連結・対比……とつづく。自然のつくり出した動植鉱物の無数の形態と同じように、人間のつくった神話・儀礼・親族組織などの文化現象は、野生の思考のはたらきとして特徴的なのである。

この新しい人類学Anthropologieへの寄与が同時に、人間学Anthropologieの革命
である点に本書の独創的意味があり、また著者の神話論序説をなすものである。著者は1959年以来、コレージュ・ド・フランス社会人類学の教授である。

専門書・学術書の買取について

専門書・学術書 買取事例

古書店 二十五年堂にご依頼いただいた専門書・学術書買取事例の一部をご紹介!

買取事例一覧を見る

当店が選ばれる3つの理由 大手古本店に負けない買取価格とサービスでリピーターの方も多く、初めてご利用の方でも安心してご利用いただけるよう査定内容をしっかりとご説明させていただきます。値段のつかない本の引取りOK! 買取査定は無料、手数料一切なし! まとめて買取OK、本以外も買取!

大手古本店に負けない買取価格とサービスでリピーターの方も多く、初めてご利用の方でも安心してご利用いただけるよう査定内容をしっかりとご説明させていただきます。

2つの買取方法をご用意

全国どこからでも買取可能な宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意

  • 宅配買取の流れ
  • 出張買取の流れ

古本・古書出張買取の流れ

本の出張買取の問合わせから買取りまでの流れをご案内

  1. お問合わせ
    1.お問合わせ
    お電話またはメールフォームよりお問合わせください。その際に、お品物の無いような数量をお聞かせ下さい。
  2. その場で査定
    2.その場で査定
    ご指定のお時間・場所にご訪問し、その場で丁寧かつ適正価格にて査定させていただきます。
  3. お支払い
    3.お支払い
    査定終了後、買取価格をご提示します。買取価格にご納得いただけましたら、その場でお支払い致します。

お問合わせ・買取のご依頼

ご相談・お見積りは無料! お気軽にお問合わせ下さい!!

お電話からのお問合わせ・ご依頼はこちら

0120-659-957

電話受付時間 10:00~20:00 年中無休

WEBからのお問合わせ・ご依頼

おおよその買取金額をメールでお伝えします。

お問合わせフォームはこちら