図録 シャセリオー展 19世紀フランス・ロマン主義の異才

買取上限価格 600円

定価
著者
出版社
出版年月2017年
ISBNコード

※買取上限価格は、価格の目安としてご参照ください。
実際の査定では商品の状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この商品について

テオドール・シャセリオー(1819年9月20日 – 1856年10月8日)は、フランスの画家。ロマン主義に属する。自画像、歴史画、宗教画、寓意的な壁画、それにアルジェリア旅行にインスパイアされたオリエンタリズム溢れる作品が有名である。

シャセリオーの初期の円熟味を示す主な作品を挙げると、『海から上がるヴィーナス』(1838年)、『スザンナと長老たち』(1839年)、『アクテオンに驚くディアナ』(1840年)、『ネレイスに岩に鎖で縛られるアンドロメダ』(1840年)、『エステルの化粧』(1841年)などで、どの作品にもシャセリオーが理想とする女性の裸像を見ることができる。同じ時代に描かれた宗教画では、『オリーブ山のキリスト』(1840年。同じテーマで1844年にも描いた)、『キリスト降架』(1842年)があるが、批評家には賛否両論だった。ちなみに、擁護した批評家の中にはテオフィル・ゴーティエがいた。また、パリのサン・メリ教会からの依頼で、エジプトのマリアの一生を描いた壁画を描いた。

この頃から肖像画も描き出した。『ドミニコ会ドミニク・ラコルデール神父の肖像』(1840年)、 それにシャセリオーの姉妹アデルとアリーヌを描いた『二人姉妹』(1843年)などがある。

病気を患った後、サン・ロックならびにサン・フィリップ・デュ・ルール教会の装飾壁画を手掛けるが、病気が悪化して、1856年10月8日にパリで死去した。37歳没。

シャセリオーの作品はピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ、ギュスターヴ・モローの作風に強い影響を与えた。さらに、シャヴァンヌらの作品を通じて、ポール・ゴーギャン、アンリ・マティスの作品にも反映されていると言われている。

美術書・画集・図録の買取について

美術書・画集・図録 買取事例

古書店 二十五年堂にご依頼いただいた美術書・画集・図録買取事例の一部をご紹介!

買取事例一覧を見る

当店が選ばれる3つの理由 大手古本店に負けない買取価格とサービスでリピーターの方も多く、初めてご利用の方でも安心してご利用いただけるよう査定内容をしっかりとご説明させていただきます。値段のつかない本の引取りOK! 買取査定は無料、手数料一切なし! まとめて買取OK、本以外も買取!

大手古本店に負けない買取価格とサービスでリピーターの方も多く、初めてご利用の方でも安心してご利用いただけるよう査定内容をしっかりとご説明させていただきます。

2つの買取方法をご用意

全国どこからでも買取可能な宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意

  • 宅配買取の流れ
  • 出張買取の流れ

古本・古書出張買取の流れ

本の出張買取の問合わせから買取りまでの流れをご案内

  1. お問合わせ
    1.お問合わせ
    お電話またはメールフォームよりお問合わせください。その際に、お品物の無いような数量をお聞かせ下さい。
  2. その場で査定
    2.その場で査定
    ご指定のお時間・場所にご訪問し、その場で丁寧かつ適正価格にて査定させていただきます。
  3. お支払い
    3.お支払い
    査定終了後、買取価格をご提示します。買取価格にご納得いただけましたら、その場でお支払い致します。

お問合わせ・買取のご依頼

ご相談・お見積りは無料! お気軽にお問合わせ下さい!!

お電話からのお問合わせ・ご依頼はこちら

0120-659-957

電話受付時間 10:00~20:00 年中無休

WEBからのお問合わせ・ご依頼

おおよその買取金額をメールでお伝えします。

お問合わせフォームはこちら