小林信彦他、文庫本200冊を出張買取

買取品小林信彦、殿山泰司の文庫本
ご依頼地域東京都板橋区
買取方法出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

スタッフのコメント

文庫本が200冊位あるので買い取りに来てもらえますかという電話をいただき、板橋区に出張買取に伺いました。

通常は文庫本(特に小説)が200冊のみだと、出張買取に伺うのは難しいことが多いですが、文庫本200冊の内訳を伺うと小林信彦がたくさんと殿山泰司があるということと、その日は出張買取の予定も入っていませんでしたので、訪問することに決めました。

ご依頼人のお宅に伺うと、玄関に紙袋がいくつか置いてあり、文庫本がたくさん入っています。紙袋から小林信彦の本を取り出し、タイトルを確認していきます。「日本の喜劇人」「世界の喜劇人」「横溝正史読本」はありますが、もう1冊がありません。ない、ない、ない・・・・・。すべて確認しましたが、残念ながら「冬の神話」はありませんでした。

殿山泰司の本も何冊かありました。「三文役者あなあきい伝」があるくらいかと思っていたら、JAMJAM日記や、なんと「日本女地図」があります。状態は良くないですが、これらの本であれば欲しがる人はすぐに見つかります。

査定金額をお知らせすると、ご了承いただけましたので、折りたたみコンテナに詰め直し、お宅をあとにしました。

 

二十五年堂では専門書の買い取りに力を入れています。読まなくなりました専門書がございましたら、当店までご連絡下さい。また、出張買取に伺えないエリアの場合、宅配買取にて承りますので、お気軽にご連絡下さい。