プロ野球関係のMOOKを200冊出張買取

買取品プロ野球MOOK
ご依頼地域東京都世田谷区
買取方法出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

スタッフのコメント

電話で出張買い取りの予約をいただき、2日後に世田谷区に出張買取に伺いました。内容的にはプロ野球関係のMOOKが200冊程度、その他にも雑誌があるとのことでした。

当日の午前中、道路が非常に混んでいたため、買い取りに行く時にも渋滞しているに違いないと思い相当時間に余裕を持って出発したところ、それほど渋滞もせず約束の時間よりも、40分ほど早く到着してしまいました。その旨連絡すると、来てもらって全然構いませんよと言うことでしたので、そのまま訪問させていただきました。
 
部屋に入らせていただくと、床のいたるところに雑誌が積まれていて足の踏み場もない状態になっています。一山ずつ見ていくと、プロ野球データファイルの揃い、週刊プロ野球60年の揃い、プロ野球黄金時代の揃い、ピカピカの非常に状態の良いmookが大量にあります。その他にも野球関係の単行本が一山あり、折りたたみコンテナに詰めると、6個分になりました。
なぜ処分するのか尋ねると、2ヶ月後に引っ越しをするために、少しでも量を減らしたいということで、今回処分を考えたそうです。
部屋を見渡すと、コミックのセットも大量にありましたが、引越し先に持っていこうと思っているとのことでしたので、人気のあるコミックもありましたが、そちらは泣く泣く諦めることにします。
 
査定金額をお支払いし挨拶を済ませ、まずはコンテナを玄関の外に移動しました。しかし、問題はこれからです。ここは、マンションの3階、あいにくエレベータは無し・・・。
コンテナに一杯になるまで雑誌を詰めると、結構な重量になります。これを持って階段の上り下りを考えると途方に暮れてしまいます。またこういう日に限って天気もよく、汗だくになることが容易に想像できます。
この重量のコンテナを持ったまま階段を踏み外したら、大怪我すること間違いなしなので慎重に階段を降りるせいで非常に時間がかかります。思ったとおり6往復目ともなると、足、腕共にパンパンで汗だくです。翌日は筋肉痛まちがいなしです。しばらく休憩して運転をはじめましたが、心地よい疲れと内容の良い買い取りに満足してお宅を後にしました。
 
自分で想像していたよりダメージがあったようで、当日は就寝中に3度足がつって目が覚めました(笑)年は取りたくないものですね。